旧「鍛地頭-たんじとう-」の営業活動

他者とのかかわり

他者とのかかわり

2018-02-05 22:22:47

 

すかさず! 大きな声で! スマイル!!

他者とのかかわり

私(たち)は,あなたのことを誰よりも精一杯愛している。

 

 

みなさん,こんばんは。
教員養成私塾「鍛地頭-たんじとう-」です!!

 

 

本日のテーマは「他者とのかかわり」です。

 

前回の記事で,私の職歴について触れましたが,
今回は「販売職」関連のお話です。

 

販売職といっても様々で,
子ども服,ドラッグストア,業務用スーパー,雑貨店などを経験しました。
唯一,飲食店の経験はないですね。
(食べる方が好きなので・・・笑)

 

 

ところで,みなさんは,
お店でレジの方を気にされたことがありますか?

 

実は,レジ業務は「お店の看板」なのです。
直接お客さまと対話する機会が多いため,
とても重要な役割と言えます。

 

「いらっしゃいませ」から
「またお越しくださいませ」までの
限られた短い時間の中で,
そのお店の価値が決まると豪語して良いくらい,
とても大切な業務なのです。

 

特に食品レジでは,
商品のバーコードをスキャンした際,
その商品の値段が間違っていないか,
お客様と確認する意味もあり,
「読み上げ」という作業をします。

 

商品一つひとつを,
「○○円」「○○円」と声に出すことで,
お店側の値段表示のミスや,
お客様の値段認識の間違いを防ぎ,
合計が出るまでの間のシ~ンとした時間を
無くすという目的もあります。

 

 

さて,つい先日,
近くのショッピングセンターに行った時のことですが,
「喋るレジ」を初めて体験しました。

 

その「読み上げ」をレジそのものがするという状況にビックリして,
思わず店員さんに話し掛けてしまいました。

 

 

他者とのかかわり

(イメージ)

 

 

私 :「レジが読み上げする時代なんですね」
店員:「そうなんですよ~。便利になりましたよね」
私 :「昔は,読み上げしなさいとうるさく指導されていたのに,
    今はそれを機械がやるのか~・・・」
店員:「今まで指導されていたことを急にやるなと言われると,
    それもまた淋しいというか・・・」

 

どんどん便利になる世の中ですが,
必要なものまでも
便利だからと機械化してしまうのは
いかがなものかと感じました。

 

「読み上げ」という作業があったからこそ,
お客様との対話が成り立ち,
お互いの信頼に結びついた
のです。
また,どの会社でも取り組んでいたことは「明るい声」「明るい笑顔」でした。
必ずお客様の目線に立ち,
お客様の立場で
考えることでした。

 

これって,教育の世界にも言えることなのではないでしょうか?
塾長が,
「教育の世界にも不易流行がある。」
と言っていました。
それを思い出したのです。

 

「変わっていくもの・変えていくもの」

「変わらないもの・変えないもの」。

 

何を変えて,何を変えないかということは,やはり,
眼前の児童生徒の成長を見取り,

児童生徒とのかかわりを中心に
発想していかないといけないのではないのか

と。

 

日々,勉強です。はい。

 

 

他者とのかかわり

【「不易流行」を説いた松尾芭蕉】

 

 

(文責 副塾長)

トップへ戻る