塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

2018-03-05 21:27:51

 

すかさず! 大きな声で! スマイル!!

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

私(たち)は,あなたのことを誰よりも精一杯愛している。

 

 

 みなさん,こんばんは!!
 「生きる自分への自信を持たせる
 鍛地頭-tanjito-」の副塾長,住本小夜子です。

 

 

 今日は,
 「塾長のカナダ武勇伝(?)」の続編をお楽しみください。

 

 

 ↓これまでの記事↓
 【塾長のカナダ武勇伝(?)-その1-】
 【塾長のカナダ武勇伝(?)-その2  語学研修Ⅰ-】
 【塾長のカナダ武勇伝(?)-その3  語学研修Ⅱ-】

 

 

 明日からのダイナミックな語学研修を前に,
 カニのようにブツブツと「Survival」を唱え続ける塾長。

 

 そこは,バンクーバー島ビクトリアの海が見える白いレストランでした…。

 

 

◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…◇◆…◆◇…

 

 

 塾長:[Survivalか…,そうだよなあ…,Survivalだよ…,うん,Survivalだ,
     見知らぬ広大な街に,方向音痴で英語が話せないわしが,ひとり,投げ出
     されるんだぞ…単身で未開のジャングルをさまようようなもんだ…生きて
     帰られるのか!? 〔注:塾長! 大袈裟ですよ!〕…やっぱり,Survivalだよ,
     うん,Survivalだ! Survivalに違いない!]
 塾長:…ぶつぶつ,ブツブツ…

 

 

 おしゃれな白いレストランは,給仕もおしゃれでした。
 イケメンのウェイターが,ぞろりと揃い,
 中にはローラースケートを履いたイケメンもいます。
 そのローラースケートのイケメンウェイターは,
 普段,スケート技をちらっと披露しながら,
 テーブルにおいしい料理を運んでくれるのです。

 

 

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

 

 

 塾長:[うん? そう言えば,あのローラースケートのイケメンウェイター,
      さっきから,ニコニコ,わしのことをじっと見とるわい。]

 

 

 ローラースケートのイケメンウェイターは,
 料理が出される配膳口のカウンターに肩ひじを突きながら寄りかかり,
 長い右脚を前に組んで,スケートを履いた爪先を上げ,
 イケメンスマイルで塾長に熱い視線を送っているのです。

 

 

 塾長:[そんなにわしのことが恰好ええんかのう。自慢じゃないが,日本じゃ,
     いっこもモテたことのないわしじゃが, さすがカナダじゃ!  同性に
     恰好ええと思われるということは,わしはほんまに恰好ええんじゃのう!
     〔注:おいっ!〕

 

 

 店内:ざわざわ,ザワザワ…ウォ~!
 塾長:[なんじゃ!? 配膳口付近の客が小さな感嘆をもらしながら,ざわめいと
     る。ここからはよく見えんのう。]
 店内:ザワザワ,ざわざわ,ザワザワ,ドウォ~!!
 塾長:[な,な,なんじゃ!?]
 塾長:[ウォ~,あのローラースケートのイケメン, 配膳口前で4回転しちょる!
     羽生結弦と同じぐらいに回転が切れちょるで〔注:塾長! 時代が違いすぎ
      ま~す!!〕かっちょええ~!]
 塾長:[で,なんで,踊ってんの?]
 塾長:[なんじゃ~!!! あのバカでかいカニ!?

 

 

 ローラースケートのイケメンウェイターの右手には,
 トレーから脚がはみ出てぶらさがった,赤い,大きな,大きなカニが,
 ギロリと塾長を見据えて居座っていたのでした。

 

 

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

注:写真の料理は本文中のレストランのものではありません。

 

 

 塾長:[でけ~! カナダはなにカニとスケールが違うわい…
     いかん! スケールのでかい語学研修を思い出したわい! それにして
     も,あんなバカでかいカニ,誰が食べるんじゃ?]

 

 店内:ウォ~,ウォ~,ピューピュー〔注:指笛の音〕

 

 

 ローラースケートのイケメンウェイターはキレのある回転に,
 さらにキレを加え,テーブルの間を小気味よく,
 くるりんクルリンとすり抜けながら,
 とても楽しそうに給仕活動をこなそうとしています。

 

 

 店内:ウォ~,ウォ~,ピューピュー
 塾長:[あれを食べるのに何時間かかるんじゃろう? ひとりで食べるのか?
     まさか…どこのグループが頼んだんじゃ…? そんなグループは見当たら
     んぞ?]
 ウェイター:さあ,どうぞ!!

 

 

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

注:写真の料理は本文中のレストランのものではありません。

 

 

 塾長:わしかー!!!
 ウェイター:今日,僕は幸運です。このカニを運べたのですから。年に数杯しか出
       ませんからね。
 店内:パチパチ,バチバチ〔注:拍手喝采〕
 塾長:[な,な,なんてことだ! 確かにカニを頼んだが,
     こんなバカでかいのが来るとは思わんかったわい!! しかも,こ
     れって,スタンディングオベーションってやつか!? お客が立って拍手
     してるぞ! こっちに大挙して寄ってくる! 来るな~!
     わしは英語が話せないんじゃ!]
 ウェイター:お客様も喜んでおられます。応えてあげてください。
 塾長:[来た~! だから,英語はムリって…〔注:顔面蒼白〕]

 

 

 塾長はとっさに,中腰のまま,中途半端に立ち上がり,
 四方のお客様にぺこぺこ。
 敬礼した右手を遠慮気味に小刻みに振りながら,蚊の鳴くような声で,
 「Thank you…」
 を繰り返したのです。

 

 温かい笑顔が塾長をぐるりと取り囲み,拍手は鳴りやみません。

 

 塾長:[助けてくれ~,地獄じゃ~!

 

 

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

 

 

 塾長:[ふ~,ようやくお客が席にもどってくれたわい。それにしても,まだ多く
     のお客の注目を浴びとるなあ…。そうか,このバカでかいカニ
     を食べるわしの雄姿を見たいんじゃなぁ。今度は恰好よくキメんといかん
     ぞ! まずは,この脚から捥ぐとするか…えぃっ!]
 塾長:痛て~え!

 

 カニの硬い脚の棘は,
 見事に塾長の親指と人差し指を突き刺したのでした。
 ぷつんと赤い血の球が…。
 しかも,塾長は痛さのあまり,
 捥ぎ取ったカニの脚の一部を宙高く放り投げてしまったのです。
 赤いカニの脚の一部は,白いテーブルクロスの上をコロリンコロリン。

 

 店内:Wow!! Ha! ha!

 

 ウエイター:お客様,この「ハサミ」をお使いください。
 塾長:[「ハサミ」? これって「ペンチ」じゃん!?]

 

 副塾長:塾長のヒアリングのミスで「ハサミ」って聞こえたのかも?
 塾長 :そんなことはないわい!!

 

 塾長:[まあ,とにかく「ハサミ」だろうが,「ペンチ」だろうが,「スコップ」
     だろうが〔注:それはあり得ません〕,あるのならば,それを早く出してよ
     ~!!]

 ウェイター:よろしければ,これもどうぞ。
 塾長:[それって,絆創膏じゃん!? 用意してたわけ~?? 〔注:そんなわけあり
      ません。〕]

 塾長:それにしても,この「ペンチ」を使って,どこから食べるんじゃ? ………
     …とほほ,なんてこった…カニを食べるのでさえ,
     Survivalカニ~!!

 

 

 この白いレストランのカニ騒動は,
 明日から始まるダイナミックな語学研修のプロローグに過ぎなかったのです。

 

 

→つづく

 

 

塾長のカナダ武勇伝(?)―その4 語学研修Ⅲ-

注:写真の料理は本文中のレストランのものではありません。

トップへ戻る