あれっ,これってお悩み相談?

2018-03-04 16:06:35

 

すかさず! 大きな声で! スマイル!!

あれっ,これってお悩み相談?

私(たち)は,あなたのことを誰よりも精一杯愛している。

 

 

みなさん,こんにちは!!
「生きる自分への自信を持たせる
鍛地頭-tanjito-」の副塾長,住本小夜子です。

 

 

昨日は3月3日,ひなまつりでしたね~。
桃の節句にかこつけて,自分磨きに美容院へ行ってきました。
(自分磨きに桃の節句は関係ないか(笑))

 

 

あれっ,これってお悩み相談?

 

 

初めて利用する美容院だったので,
最初,少し緊張してお店に入りました。

 

店内は清潔感が溢れ,
そこには綺麗に整理整頓された居心地の良い空間がありました。
迎えてくださったのは,店長さんでした。
店長さんのにこやかな笑顔に,すぐさま緊張もほぐれていきました。

 

そのまま,店長さんが私の担当のスタイリストになってくださいました。
椅子に座り,施術が始まってすぐ,
「睡眠不足で眠いんですよ~。」と言うと,
店長さんも寝不足とのこと。

 

副塾長 :「夜更かしをされたのですか?」
店長さん:「ストレスで…。」
副塾長 :「それは,しんどいですね。」

 

業界は違っても,私も一般企業に勤めていた経験があります。
アルバイトから管理職(店長代理)といった,
様々な雇用形態を経験させてもらったので,
いろいろな立場や視点に立って,
お話ができるのではないかと直感したのです。

 

店長さんの悩みを
「そうですよね~。」「わかります。」「それは,辛いですよ~。」
と繰り返しながら伺っていました。

 

店長さんは,
「上司からの圧力」「スタッフの育成」
との狭間で悩んでおられました。
上司からは従業員の教育についてガンガン言われるけど,
従業員にはやる気が見えない,とのこと。

 

 

あれっ,これってお悩み相談?

 

 

僭越ながら,私がアドバイスさせていだたいたことは,
一言で述べると,
まずは,
「店長さんの意識改革」でした。

 

お話を伺っているうちに,まず私の心に浮かんできたことは,
「スタッフのみなさんは,何を目的に美容師となられたのか?」でした。

 

店長さんは,
「地元で,細々でいいからお店を続けて,
うちのお店に来てくださるお客様が幸せになってくださったらいい。」
という思いで,美容師になったのだと教えてくださいました。

 

では,他のスタッフさんは?

 

お客様のため?
自分のため?
もしかして,なんとなく…?

 

いずれにせよ,
それぞれ,何かの目的があって「美容師」の道を選び,
今,ここで働いておられるはずなのです。

 

 

あれっ,これってお悩み相談?

 

 

だから,その目的を達成するために,
今,やるべき課題があり,目標があるはずなのだけど,
それを実践できずにいるのはなぜなのか?

 

店長さんは話の中で,次のようにおっしゃったのです。
「相手を褒めることが苦手だ。」
瞬間,私は,ここに「店長さんの意識改革」が必要なのではないのかと感じたのです。

 

先日のブログで,6歳の息子について話させていただいたのですが,
実は,昨年7月,息子は軽度の自閉症スペクトラと診断されました。

 

「自閉スペクトラム症」についてはこちら)

 

家庭において,
息子の指導にうまくいかないことが多く,
イライラしながら,口うるさく,
できないことをできるようにしようとがんばっていたのですが,
どうしてもうまくいかない。

 

 

あれっ,これってお悩み相談?

 

 

息子も私も少々疲れてきて,
お互いの表情からも輝きを失いかけていました。

 

 

そこで,教育現場での豊富な経験のある塾長に相談したところ,

 

「できるところをしっかりと認め,評価し,
伸ばしていくことが大切だ!」

 

と教わったのです。

 

「できないこと」を「なぜできないの?!」と責め続けるだけでは,
いずれ息子は自己の存在意義すら見失ってしまう
「できた」ということを,しっかりと褒めてあげると,
息子は,自分に自信を持ち,次への意欲を燃やす。

 

私が変われば,息子も変わる。
息子が変われば,娘も変わる。
息子と娘が変われば,私も変わる。

 

そうなんです。
みんなが変われば,心に余裕ができて,
家庭に潤いが生まれるのです。
現在,わが家はその潤いを取り戻しつつあります。

 

家庭もお店も一緒ではないのでしょうか?

 

施術を進めていただきながら,
ずっとこんな調子で「対話」を続けていました。

 

すると,突然,店長さんから,
「とても話しやすくて,ついつい喋ってしまいました。ははは。」
と,とても嬉しいお言葉を頂戴したのです。

 

自分を良く言うつもりはないのですが,
確かに,昔から,相談を持ち掛けられることが多くありました。
私は,日頃から,どなたとでも仲良くなりたいと思っています。
ですから,「話しやすい」とおっしゃってくださった店長さんのお言葉は,
格別に嬉しかったのです。

 

今後,当塾が開設する予定の「現役の先生方のお悩み相談」に際し,
私は心理に関する勉強を始めることにしました。
少しでも,悩んでおられる先生方のお力になれるように,
精一杯,精進して参ります。

 

 

あれっ,これってお悩み相談?

トップへ戻る