安心してご相談ください!!

乳幼児教育・療育コーナー

乳幼児教育・療育コーナー

乳幼児教育・療育コーナー

「気質診断コーナー」を廃止し,
「乳幼児教育・療育コーナー」に改編しました!!

乳幼児教育・療育コーナー

 こどもの成長を願わない保護者はいません。
 時には辛く,時には楽しく,やりがいのある育児。
 だからこそ,当然,悩みだってありますよね。
 その悩みは,こどもが成長するにつれ,大きくなったり,増えたりしていませんか?

 

 それまでは,なんとも思っていなかったママ友とのお喋りの一時。
 成長していく周囲のこどもを見て,「なんだかウチの子,ちょっと違うかも…」などと心配が重なり,ママ友の輪から自然と遠ざかってしまう。
 例えば,このような経験をされた方もいらっしゃることでしょう。

 

 周囲には言えない自分だけの悩み。
 そのお悩みをお話いただけませんか?
 私たちスタッフは,そうした皆様が笑顔で育児に勤しまれることを願ってやみません。

(副塾長)

【家庭療育の必要性】

 

昨今,ADHDや自閉スペクトラム症など,所謂発達障害の診断を受ける人が増加しています。

 

こうした状況を踏まえ,現代の脳科学は,それを遺伝と環境という2つの要因による脳機能障害と捉える学説を唱え始めました。脳機能障害なのですから,改善もできれば,(改善ができるということは)予防もできると言う訳なのです。

 

私は研究としてのデータを持ち合わせてはいません。
しかし,所謂発達障害は,確かに改善できるし,予防できると思うのです。
なぜならば,実は,私の息子(小学校1年生)は軽度の自閉スペクトラム症の診断を受けてはいますが,ほんのちょっと改善の兆しがあるからなのです。

 

ですから,療育センター等との連携を綿密に図った家庭での療育はとても大切になります。

 

まず,改善できるのですから,保護者が真っ先に我が子の将来に悲観し,家庭での教育(療育)を怠ってしまうわけにはいきません。そこで,私は所謂発達障害についてたくさんの知識を獲得しようとしています。療育センターの医師との連携にしても,知識がないことには十分な連携は果たせないわけですから。しかも,息子の特性を正確に見抜く(見立てる)ことはできないのですから。

 

さらに,日常,できるだけ頻繁に息子と〈対話〉をするようにしています。正確に息子の特性を理解するためです。自閉スペクトラム症なのですから,周囲のこどもたち(所謂健常児)ができても,息子にはできないことが多々あるのです。ですが,自閉スペクトラム症だからこそ,周囲のこどもたちにはない素晴らしい能力を持っているはずなのです。それが何か。それを見つけて,伸ばしてやることが親の務めだと思うのです。そのために,息子の行動観察と〈対話〉は必要なのです。

 

このような営為は,最も長い時間,息子の傍にいる私がまずやらなければならないことなのです。療育センターや学校,地域等との連携も必要なのですが,息子の生活基盤である家庭がしっかりしていないと,息子も不安感を抱いてしまいます。

 

そうした意味からも,家庭での療育はとても大切なのです。

 

《「鍛地頭-tanjito-」の関連BLOG》
「こどもを〈愛する〉ということー障害受容に視点を据えてー」(2018.9.29)
「自閉スペクトラム症である息子本人が障害を受容したとき」(2018.10.19)
「自閉症スペクトラムの息子のやる気を引き出すスケジュール管理」(2018.9.17)

【「気質診断コーナー」を廃止し,療育部門を設置した理由】

 

世の中には,人をタイプ別で類型化する発想があります。
そのこと自体を否定するつもりは毛頭ありません。
しかし,この類型化された固定的なタイプ群を如何に受け止めるか,あるいは受け止めさせるかに,私は問題性を感じるのです。

 

「お宅のお子さんは○○○○タイプだから,××××に育てた方が良い!!」

 

「本当ですか!?」と私は言いたいのです。
「鵜呑みにしていいのですか!?」と。

 

「××××」に育ててうまくいくこどももいるでしょう。
しかし,所謂発達障害の特性を持つこどもは往々にしてそのように簡単にはいきません。所謂健常児でも,一人ひとりの特性は異なっているのです。人だから異なって当たり前なのです。だから,断定的な言い回しの,
「お宅のお子さんは○○○○タイプだから,××××に育てた方が良い!!」
を鵜呑みにしてしまうと,「うちのこどもはやっぱりおかしい(異常だ)。」と悩むことになるのです。

 

そうではなくて,一人ひとりのこども(大人も含む)の特性をしっかりと見極め,良い点を伸ばしていくことが最も大切なのです。

 

こうした発想に立つとき,「気質診断(コーナー)」を当塾の相談業務の一角に取り入れていることに疑問が生じてきたのです。気質診断による結果はその人(クライアント様の立場からすれば,自分)を理解する一つのメルクマール(指標)にはなるでしょう。しかし,その結果に対して,アドバイスをさせていただく私も,クライアント様も依存(拘泥)してしまわないためには,撤廃してしまえばよい。そして,「私―クライアント様」との〈対話〉の中で,お互いを理解し合い,ラポールを形成していけばよい。

 

しかも,私は先述したように,小学校1年生までの自閉スペクトラム症を持つお子様の保護者に対しては,メンター的な役割を果たせるのではないのかと思うのです。勿論,同じ「自閉スペクトラム症」との診断でも,表出する特性や程度の差は人それぞれですから,私は自分の息子に対して行ってきた,そして,現在も行っている家庭での療育をお話させていただくことになります。その中で,クライアント様が一つでも,二つでも,ご自身のご家庭で実践なさることのできるヒントをお持ち帰りになってくだされば,これほど嬉しいことはないのです。

 

以上のような理由から,「気質診断コーナー」を撤廃し,「乳幼児教育・療育コーナー」に改編した次第なのです。

 

 

注 「鍛地頭-tanjito-」では「発達障害」とは呼びません。ただし,上記の文中では,読解の支援として,現在,人口に膾炙している「(所謂)発達障害」を用いております。

 

《「鍛地頭-tanjito-」の関連BLOG》
「えっ!? 「賢い子を育てる」だって!?」(2018.11.1)
「賢い子を育てる」って!?―「東大・京大合格」と連結する言説を〈相対化〉する―」(2018.11.17)

〔参考文献〕
澤口俊之(2016.3):『発達障害の改善と予防 家庭ですべきこと,してはいけないこと』,小学館,小学館eBooks

 

岡田尊司(2012.7):『発達障害と呼ばないで』,幻冬舎,幻冬舎新書267

 

  • 【対象】0才~6才までのお子様をお持ちの保護者及び乳幼児教育・療育に関心をお持ちの方。老若男女を問いません。
  • 【相談内容】育児,療育,保育所(園)・幼稚園での生活及び家庭生活など

    (例) 保育所(園)・幼稚園と家庭との連携/言語活用能力を基軸に据えた家庭教育の在
       り方/生活リズム/言語発達の遅れ/気質・性格上の悩み/食育/兄弟姉妹関係/
       自閉スペクトラム症等についてのお悩み(メンター的な機能) など)

  • 【主な担当者】副塾長 住本小夜子

    (育児・教育支援コンサルタント/一般財団法人生涯学習開発財団 一般財団法人ヘルスケア産業推進財団 日本学術会議協力学術研究団体 メンタルケア学術学会® 認定 メンタルケアカウンセラー®)

 

次のご相談には応じかねます。
お申し込み時又はご相談中でもお断り申し上げますので,あらかじめご注意ください。
なお,ご相談を中止した場合でも,頂いたご相談料は一切返金いたしません。

特定の者及び組織等への誹謗中傷など並びに当塾が当塾の相談業務に相応しくないと判断するご相談

※「お申込みフォーム」によりお申し込みを頂いた時点で,上述の注意事項に
  ご同意いただいたものと見なします。

 

ご相談へのご案内

 

お申込みフォーム

お申込みに際しては,次のどちらかのフォームをご使用ください。

 

 

お問い合わせフォーム

お問い合わせに際しては,次のフォームをご使用ください。

 

【ご相談を頂いた内容とその回答】
※ 相談業務を開始する前に,既にいくつかのご相談を頂戴しております。
  その中から2例をご紹介します。

【こどもの良いところ探し】 

2児の母親です。私の息子は,現在小学校1年生で,療育センターのお医者さんから「軽度の自閉症スペクトラム」との診断を頂いています。日々の息子の言動にイライラすることが多く,つい叱り過ぎではないかと自己嫌悪に陥ることがあります。最近,そのせいか,私も息子も心身共に疲れてきたように思います。息子を叱り過ぎない方が良いのでしょうか?(広島県)

 まず,お伝えしたいことは2点あります。
 1点目は,息子さんの良い点を見出し,伸ばすことに傾注することです。
 日頃,何かと息子さんの悪いところばかりが目に付かれているのではないかと思います。だから,注意する。すぐには直せない。イライラする。そして,また同じ注意をする。こうした繰り返しが継続すると辛いですよね。
 しかし,どんなお子様にも良いところはあります。必ずあります。その点を発見し,伸ばすことに力を注げば,息子さんにも自信が付いてきます。お母さんもその姿を見て,元気を取り戻していただくことができます。
 ただし,時間は掛かります。その間は辛いでしょうね。でも,考えてみてください。息子さんの良いところが複数発見できて,その点で息子さんが伸びていけば,それは息子さんの将来に影響し,息子さんの在り方生き方を変えることになると思われませんか?
 息子さんの「できないところ探し」をするのではなく,「何ができるのか?」といった点に着目し,できることを伸ばすために,コツコツと小さなゴールを設定して,一歩一歩成長の階段を登っていきましょう!
 「良いところ探し」は,乳幼児期にあって早ければ早いほど効果的です。
 2点目は,「いけないことはいけない」と毅然と言い切る指導が必要であるということです。
 つまり,良いところを褒めて伸ばすだけの発想ではダメということです。それだけでは,息子さんは自身の周囲に生起する様々な課題に対処する力を付けることはできません。何があっても褒めるだけでは,それは単なる甘やかしに過ぎません。
 しかも,今,そして今後と,息子さんに法的・人道的に「いけないことをいけない」と毅然として丁寧に教えていないと,将来が心配です。そのままでは,お母さんの手元から離れた息子さんは「いけないこと」が分からない人になってしまいます。その状態で社会生活を送ることは難しいですよね。「自閉症スペクトラム」だからと言って,腫れ物に触るような発想は,将来的に息子さんをダメにしてしまいますよ。抑々,息子さんにとって失礼な発想です。
 要するに,「良いところは精一杯褒めて伸ばし,いけないことはいけないと毅然と,丁寧に教えること」が大切なのです。

 

息子さんの「良いところ探し」の具体的な方法については,その後のご相談の中で,息子さんの特性に合わせたアドバイスを差し上げております。

 

〔参考〕当塾の次のBlog記事をご一読ください。上述したご質問に関する内容で
   す。

【家庭と幼稚園との連携(教育方針の共有化)】 

幼稚園の年中に通う男児を持つ母親です。先日,担任の先生から,「○○君(息子)が他の園児に暴力を振るった。このようなことは,これまで当園ではなかったことである。次に何か問題行動があれば,(強制退園を)考えていただく。したがって,これから○○君には,常時,担任が貼り付く。」とする主旨の電話を頂きました。息子は療育センターに掛かっており,何度か担任の先生とは連携させていただいております。しかし,担任の先生から他の先生方に,その息子の情報は伝わっていないようです。したがって,これまでにも,担任以外の先生方から息子の問題行動を注意されたと担任の先生から連絡がありました。ところが,その都度,息子は「僕が悪いんじゃない!」と言って大声で泣きじゃくりました。これからの毎日,担任の先生の監視下に置かれた園で,息子が生活をするのかと思うと,息子が不憫でなりません。息子のことを考えれば,次に何かが起こるのを待つのではなく,このまま,すぐに退園の手続きを申し出るべきなのでしょうか?(東京都)

 結論から申し上げます。
 現時点で,「退園」の決断を下されるのはあまりにも早計です。仮に決断を下すとしても,それまでにやっておかなければならないことがたくさんありますよ。
 その中身を申し上げる前に,何点か,当方からの質問がございます。
 まずは1点目,息子さんが暴力を振るったとされる本件についてです。それは事実ですか? 幼稚園の先生方の中に,どなたか目撃された方がおいでなのですか?
 (注:当該の幼稚園を疑うわけではありません。しかし,生起した事案が事実であると確認することはとても大切なことです。万一,事実でなかったとしたら…。今回の事案のどこに問題点があるのかが明確になりませんよね。仮に,息子さんに非があったとしても,正確に事実を把握していなければ,息子さんの問題となる言動等を幼稚園や保護者が確実に把握することができなくなります。そうすると,誤った方向で息子さんを指導することになりませんか? まかり間違って,息子さんの非でない言動等を指導してしまうと良いことにはなりませんね。こうした事案は,特に正確な事実確認が大切なのです。)
 2点目です。「退園」の要件を入園時等,これまでに聞かれたことはございますか?
 3点目です。本件にかかわり担任の先生が○○君に貼り付くとは,どのような状態になるのですか? 幼稚園から具体的に聞かれていますか?
 4点目です。本件についての連絡は幼稚園からの電話だけだったのですか? 当該の幼稚園は「退園」にかかわるような大切な問題を電話だけで済ませたのですか?
 ・・・・・・

 

以降,必要な質問にお答えいただき,アドバイスを差し上げました。現在,当該の幼稚園は理解を示し,当塾のアドバイスどおり,家庭(保護者)と幼稚園とで○○君についての定期的な情報連携を行い,お互いが教育方針の共有化を図っているそうです。そのお陰で,○○君は当該の幼稚園に元気に通園しています。家庭(保護者)と幼稚園との連携の賜物です。

 

〔参考〕当塾の次のBlog記事をご一読ください。上述したご質問に関する内容で
   す。

 

 

本事案に対する当塾のアドバイスは,当該の幼稚園の責任を非合理に追及するなどの意図を決して含んでおりません。家庭(保護者)と幼稚園との連携(=教育方針の共有化など)によって,○○君が少しでも課題を解決でき,笑顔で登園できることを意図して行ったものです。

 

広告

トップへ戻る